アイドルは別腹

あと少しだけ、を繰り返して

涙で滲む約束を果たしてくれるその日まで。 Snow Man横浜アリーナ単独公演感想

 

 

あの真っ白なペンライトの海の中に、世界一素敵な6人の男の子が立っていた光景を、わたしはこの先、ずっと忘れないと思う。

 

 

そんなわけで、ジャニーズJr.祭り Snow Man横浜アリーナ単独公演に行ってまいりました。

色んな想いが込み上げてきて、なかなか言語化できなかったんだけども、少し時間が経って、やっとできるようになってきたので、しっかりブログに残しておきたいと思います。

レポートにはなってません。個人の主観しかないやつです。ごめんなさい。

自担グループの話をがっつり書くのはこれが初めてだな。

 

この公演は、わたしの中ではじめてのSnow Man単独公演でもあったんです。

クリエも湾岸も行ったことがなくて、だからSnow Manを観るときはいつも先輩グループや他のJr.がいて。

だからこそ、もう会場に入る前から、横アリ前に出来た人だかりを見て

『ここにはSnow Manを大好きな人たちしかいないんだなあ』

と思い

会場に入ってから、ピンク色に光るペンライトを見ては

『ここにあるピンク色は、ぜんぶ佐久間くんのピンクなんだ』

と思い。


開演時間が迫るにつれて、ペンライトの光が増えて行った。グッズとそれぞれの手作りうちわなど、皆手に持ち出して。最近はうちわが持てない現場も多かったから、早くこの光景を6人に見てほしいと思いながら開演を待ちました。

 

ここに増えて行くペンライトの色は、彼らそれぞれのためだけにつけられたもの。
とくに、京本くんでも、七五三掛くんでも、他の子でもない、佐久間くんのためだけにつけられたピンクはやっぱり感慨深いものがありました。

 

定刻通りに暗転すると、6色の光でできた海が目の前に広がって。

モニターには一人一人メンバー紹介のムービーが流れ出す。夢かよ、とまずここで泣いた。早い。

 

音楽が止まり、メンステの真ん中に待ちわびた人たちが立っていた。うまく言えないけど、本当めちゃくちゃにかっこよかった。シルエットが浮かび上がるような明るい照明の中に彼らは立っていて、もう彼らが光そのものなんじゃないかと思うほどに、かっこよかった。

そして、予想通りかつ、やっぱりこれで始まって欲しい!と思っていた、聞き慣れたイントロが流れた。

 初めてもらったオリジナル曲、『ZIG ZAG LOVE』から彼らのライブは幕を開けたのでした。

 

あの場にいた大半は、この曲でどのタイミングにどんなアクロバットをするか知っているはずだけど、1つ1つのアクロバットに歓声が上がっていて。それにメンバーがめちゃくちゃ嬉しそうな顔をしてくれて。

すこし話が逸れるけども、初めて少クラで披露したとき、失敗続きでお世辞にも完璧とは言えない出来で、彼らは引きつった顔で曲を終えたんです。

だけどその後舞台公演を経てリベンジ披露となった回で完璧に仕上げて笑顔で曲を終えてくれた。

何が言いたいかと言うと、彼らが死ぬほど練習して、努力して私たちに見せてくれる高難度のアクロバットが絶対に成功する保証はないし、この緊張と、興奮が入り混じった異様な空間で成功してくれるか正直わからなかったのも事実で。

でも、彼らはやっぱりちゃんと仕上げてきてくれた。安心と信頼のSnow Manだった。

曲終わりのZポーズで、彼らは笑顔でいてくれた。

最初よりずっと大きくなった、安堵と感動に満ちた優しい歓声、6人にちゃんと届いたかな。

 

セトリを順に辿って行くとキリがないので。

まず全体的にバランスが良くて、ファンが見たいものとメンバー個人が見せたいものをうまく合わせた、ジャニーズアイドルとしてパーフェクトなセットリストだったと思うんです。

そしてその中に、組み込まれるオリジナル曲の数が増えたのが本当に嬉しくて、、

MC後に行われたみやだてくんバースデーサプライズも、多幸感に満ち溢れた空間にいれたことが幸せだった。

そんでヲタクのペンライトサプライズには泣かないのに亀梨くんのサプライズムービーには涙ぐむみやだてくんが完全にこっち側の人間で最高だった。

そしてそのムービーを用立てたのが渡辺くんという、、わたしも佐久間くんが口に出したのと同じタイミングで「ゆり組ぃ!」ってなったもんね、、

 

 

あ!MC中に抜け駆けしてハッピーバースデー歌い出したジェシー!おまえだけはゆるさないぞ、全部台無しになるとこだったんだぞ!もうはらはらしたほんとに、、、1万5千人の気持ちが一瞬凍りついたぞ!もう、、痛み分けしてくれた慎ちゃんにも感謝してよ、、無事サプライズ成功してよかった。ふぅ(バカ殿金ちゃん風)

 

 

 

話は戻ってソロ曲も、一人一人全く違うタイプの選曲で。

ひかるくんのアンダルシアに憧れては

『こんな岩本照かっこいいに決まってる大賞』受賞作品だったし、

みやだてくんがえらんだ亀梨くんのfollow meはヲタク全員が、ですよねー!!!やると思ってたー!!!という期待を裏切らない感と、致死量の宮舘ワールドをみせてくれた。

 

佐久間くんは個人的にかっちょいいバキバキのダンス曲をやってほしかったんだけど、横アリでやるなら絶対そっちとるよね、何より君が楽しいのが世界で一番いいことだよ!と無駄に(失礼)アクロバティックでハッピーなヲタ芸見ながら思ったし、実際めちゃくちゃ楽しかった。メンバー巻き込み芸大好きよ。しょうがねえなと思いつつめちゃくちゃガチに巻き込まれてくれるメンバー含めて最高。

阿部ちゃんは念願のT.A.B.O.Oだったね。たくさんの努力の末に手に入れた武器を持った今の自分にならできると思ってくれたのが嬉しかった。Snow Manの良心の中核を担う阿部くんとこの曲のギャップっていうのも、たまらない案件でした。

あとは曲振りの天気予報が最高。わくわくする。

 

渡辺くんは個人的に大好きな優馬くんの交差点。渡辺くんの声は本当に切ない歌に合う。もっと長い時間やっててほしかったくらい。

そしてふっかちゃんよ。いつもネタに走ってくれるけど、みんなのリア恋枠ふっかちゃんが玉森くんの超かっこいいソロ曲をやってくれた。メンステのマンションの上から始まって、甘い歌声とかっこいい振り付け。もう恋しかなかった、、、、

 

はい。そうです。個人的に今回ソロ曲がめちゃくちゃによかったです。

ソロ曲に他のメンバーがバックでつく、っていうのも、堪能できたし、、あの形ヲタクみんな好きなやつ。いやー目には目を、踊れるSnow ManにはSnow Manをですよね(?)

 

そしてふっかちゃんのソロからVI guys、キスマイのEXPLODE、えびのFinally Overとまさに怒涛という言葉がぴったりなメドレー。見ているこっちも酸欠になりそうだった。

ステージを駆ける彼らのパフォーマンスだけじゃなく、歌詞も迫り来るものがあるし、本当に息が苦しかった。

 

 

 

 

すっと空気が変わり、『僕たちからのプレゼントです』

というふっかちゃんの言葉。

事前にさくまくんが連載で教えてくれていた、白のペンライトの出番はここだと客席はすぐに分かったのか、誰も何も言わずとも6色の海は真っ白な海に変わった。 

ピアノとオルゴールのような音で始まるイントロ。6人が持つ白く光ったペンライトが放物線を描く。客席もそれに続く。

 

新曲、『Snow Dream』。

 

Aメロに、6人の名字をもじった歌詞が入っているんですね。

ここの歌詞を見て、ああこの人達、もう大丈夫だわ、誰も欠けないわと思ったんですよ。

もちろん絶対なんてJr.にないし、今はデビュー組ですらずっとがなくて。

でも、これまでにも進学や卒業や他の子たちのデビューやらで危ないなって思ったことがなかったわけじゃない。落ち着いた髪色と髪型になるだけで就職かとはらはらしたり。

Snow Manというグループをこんなに長く見続けられると思ってなかった人だって多いかもしれない。

でもこの曲は、この6人じゃなきゃ成立しない曲になった。

誰も欠けられないし、増えもできない。

少し前にふっかちゃんがSnow Manはこの6人以外ありえなくて、もし誰か居なくなったら変わることがあればジャニーズを辞めてしまうかもなんて話していたけど、

この曲がある意味楔になった気がする。もちろんいい意味で。

 

 

それから、サビの

『涙で滲む約束がまだ果たせない僕だから

もう少しそばにいて もう何度も告げた台詞だね』

という部分。

 

Snow Man本人たちが一番、わかってるんだよね。

同じような言葉を、ここ何年かずっとファンが聞いてること。自分たちも言っていること。

でも、それをわかった上で、曲が終わるにつれて強い決意を歌ってくれた。

 

最後のラップにこんな歌詞が入ってて。

(間違ってたらすみません)

 

『twenty four seven 命を燃やして

春を待ちわびながら 君のこと考えてた

I want to become your famous

その願いはいつか叶えます

絶対諦めないよ

選り取り見取り掴むよ Snow Dream』

 

こんなのもう泣くしかないでしょうよ。

Snow Manであること、生きていくこと、この6人でやっていくことを決めて、

ファンがやきもきしながらいることもわかってて、

いろんな面で焦りがある中、この曲を私たちに歌ってくれて。

それだけでもう十分、私たちの誇りだよ。

 

わたしはこの曲を聴きながら、

『あ。この人達にずっと着いていこう』

と自然に思ったんです。

いろんなグループのファンをしてたけど、そんなこと思ったのは初めてで。

グループに一曲はファンもメンバーも大切な曲ってどこのでもあると思うけど、この曲はそうなるんじゃないかなあ。

 

 

数年前に、舞台上で

『25歳までにデビュー出来なかったら辞めます』と言っていた彼ら。

その年齢に全員がなるのがこの2018年。

心の中ではどう思っているかなんてわからないけど、

少なくともこの言葉を発した時とは、彼らの置かれている状況はかなり変わっているから、覚悟はそのままに、どうかずっと、着いて行かせてほしい。

 

わたしはお兄ちゃんたち4人と同じ92年組で、

大学卒業やら就職活動やらの時期がちょうど同じ時期にきた。

1つ下のいわあべ含めて、半端ない焦りがあったと思う。でも歳の近いみんなが、見せてくれると思ってなかった景色をどんどん見せてくれるようになって、

同世代の男の子たちがこんなに頑張ってるんだ、わたしも頑張らなくちゃとかなり励みになった。

この数年、彼らに救われたことがいっぱいあった。

おこがましいこと甚だしいけど、今度は私も彼らの励みの一端を担えればいいなと、白い光に包まれる彼らを見て本当に、素直にそう思ったんです。

 

公演中、彼らの口から

『幸せ』という言葉を何度か聞いた。

幸せにするよ、幸せになろうね、幸せになれ!

公演通して彼らからのプロポーズみたいなライブだった。

あんなでっかい覚悟、普通の男の子じゃ持てないよね。

アイドル、ジャニーズのアイドルとして生きてきた、そしてこれからも生きてくれるであろう6人からの大きな想いを受け止められて、本当に幸せでした。

でもこの先もっともっと幸せにしてくれるみたいなので、それが本当に楽しみです、

そのために私たちも頑張るからね。

 

 

あー、まとまらない。支離滅裂すぎて自分でも何言ってるかわかんなくなってきちゃった。

 

 

Snow Manのみんなは基本が本当に真面目で、真摯で。

でも、だからこそ、分を弁え過ぎるところがあって。どこか地味な部分もあって。

あと足りないのは華だって健くんにも言ってもらってたよね。

置かれた場所で咲くことをすごく大事にしてくれてるのか、ある意味でわがままをいうのが一番下手なグループだと思ってて。

そこにがっかりする人もいるけど、

パフォーマンス集団と思われがちだけどC&Rのできる曲を随所に入れてくれたり、

合同公演とは別に追加できるものでも、トロッコとか小道具より、みやだてくんへのサプライズで使う座席の赤いシールや、ファンにあげる色紙を選んじゃうところとか、わたしはSnow Manのそういうところが大好きなんです。

甘ちゃんだと言われるのわかってても、やっぱりそういう人達だからわたしはこのグループのファンなんです。

 

 

 

かっこよくて、優しくて、努力家で、

大切なことは言葉にしてくれて、

ファンとの約束を忘れない、

そういうSnow Manのファンでいられてよかった。

そう思えた横アリ単独公演でした。

 

 

 

わたしも春を待ちわびながら

彼らのことを考えよう。