アイドルは別腹

ちょっと配分が多いだけ。

ひよっこハイフンが落ちた沼は楽曲でできていた。

10ks!でおちたよーっていうあの記事を書いて以来なーーんの更新もしなかったので、ただのミーハーで終わったんじゃないかと思われてると思うのですが、

あれから1日たりとも欠かさずKAT-TUNの曲を聴き、昼休みにはタメ旅動画をみまくり(鳥取編、大分編がだいすきです。マコリーン!)、

落ちる前から録画して観ていた少プレを見直し、quarterを購入し、気になったカップリング曲はCDを購入し、、と、順調にDDハイフン人生に片足を突っ込んでいます。


もちろん一番すきなのは佐久間大介くんですけどね!!!!(揺るぎないところ)

 

テンクス発売から半月たって、まあなんだかんだいろいろありましたがそれでも飽き性のわたしがまったくKAT-TUNに飽きない理由として見出したことを今回は書きたいと思います。

 

タイトル通りではあるのですが、KAT-TUNは本当にいい歌が多くて毎日聴いても飽きないのがどんどん好きになっていく理由なのかな、と。

パフォーマンスやテレビ番組だけではどうしても視覚と聴覚どちらもつかわないといけないため移動中など聴覚だけで感じられる良さをもってるのが本当に素晴らしいと思うのです。



そんでもって、知ったかぶりもたいがいにせえよっていう期間しか聞いてないし、狭い範囲ではあるのですがひよっこハイフンなりにすごく好きな曲を数曲集めてみました。


シングルからではなく、アルバムだったりカップリングだったり、とにかく「見つけた!」感のあるような曲を集めてみました。選曲に自分の癖がめちゃめちゃに表れてますが気にしないでください。

テンクス前にレンタル屋さんなどで束借りしたときに見つけた曲が多めです。いい曲が散らばってます!

 


 アルバム曲

I LIKE IT(Best of KAT-TUN)

発表当時から大好きな曲。4段階のコーラスと仁亀のメインボーカルがすごくきれいなハーモニーを奏でてます。

間奏でスッと客席に向かって指を指す演出があるんですけど、そこの田口くんがガチでかっこよくて軽く恋するレベル。

海賊帆の電飾ピカピカ衣装のパフォーマンスもすきですが、個人的には少クラで黒衣装着て白衣装のJr.をバックにつけたパフォーマンスがすき。白黒のコントラストがすごくきれいです。あとは個人的にまだまだ垢抜けてない藤北のドヤ踊りが最の高。


Jumpin' up(Cartoon KAT-TUN Ⅱ you)

「what? what?」って相手を超馬鹿にした感じで歌うKAT-TUNとかパブリックイメージそのままでした。でもただなんか生意気で腹が立つ感じになるんじゃなくてそれがすごくかっこいいんです。二番のJOKERさんのラップがとてもすき。


YOU(Cartoon KAT-TUN Ⅱ you)

亀梨くん出演のドラマ、サプリでも使われていたこの曲。「あなたのために生きていいかな?」なんてKAT-TUNに言われた日にはもうむしろKAT-TUNのためにむしろ命を捧げたくなりませんか?(なりません)

6人みんな、すごく優しい声で歌ってくれています。



春夏秋冬(Break the Records -by you & for you-)

曲はもちろん、ライブの演出が好きです。四季の映像と彼らの歌声とかエモさがすぎるわ。

「思い出全部連れたら行くよ 新しい場所探すから」と頬杖つきながら歌ったあと客席に向かって切ない顔でバーンと撃つ田口くん(今見ると色々勘ぐっちゃうけどその場面の彼がわたしはquarter全編とおして一番すき)とか

テンクスでは全部歌ったあと客席に向かって銃を撃っておわる(客席も銃ペンラをメンバーに向けてるもんだからどえらい打ち合いですね!?)演出もすごくすきなんですけど、

普通に聞いてたらすごく切ない失恋ソングなのにそういう演出ついちゃうこの曲ってなんかいろんな解釈があるんだなあと感じます。


何年たっても(KAT-TUN Ⅲ-QUEEN OF PIRATES-)

中丸雄一メインボーカルってだけでハズレの訳がないですよね!!!!!!!!

大学生の男女二人のお話って感じがするこの曲。

朝まで遊べるような年齢になってできるようなこと。少し時がたって考えるとちょっとくすぐったいようなこと。

そんでもってこの曲の最高なところはギャラリーの増えた朝方の駅でキスするような彼女と付き合ってる男の子のことを、絶対しねーしさせねーだろ!!っていう中丸さんがメインで歌ってるとこなんですよねー!!!!!みんなが見てるよ、関係ないんだよって!!!歌うんですよ!!!!(頭を抱えながら)

女の子側の代弁かもしれないけど、中丸さんの声でそれを歌われるのがたまりません。


N.M.P(NO MORE PAIИ)

壮大なイントロから始まるこの曲。とにもかくにもかっこいい。

なんかこのアルバムのツアーはメンバーが馬に乗ってるという普通に聞くと頭にはてなが並ぶ演出があるそうなんですけど(アルバムのジャケ写でも馬に乗ってます)、

この曲をきくとちょっとわかる気がするというか、まだ見たことないのでどの曲で乗ってるのかはしらないけどこの曲が表題曲になってるツアーなら乗ってそう、いやそもそも馬にのってる??????ん???って思いながらいつもきいてます。

はやく見てみたいライブDVDのひとつなんですけど財布が追い付かない、、、


SMILE FOR YOU(CHAIN)

アイドル!!!!!非常にアイドル!!!!キラキラしてる!!!

これ歌うKAT-TUNは勝手に魔女っ子かつんちゃんに脳内変換されます(あぶない)

高めの声が多いKAT-TUNさんはこういう曲もめちゃめちゃにあう。にゅすちゃんおじゃんぷちゃんとか歌ってそうだけどKAT-TUNさんが歌ってるんですよ。かわいい。


儚い指先(CHAIN)

「左耳にRingtoneだけ鳴り響く一人の部屋」で彼女を想うKAT-TUNに最高以外の言葉があひますか?????


少年倶楽部プレミアム最終回のアコースティックスタイルライブのなかで歌ってますので是非見てほしい。わたしはあのいくつかのライブのなかではアコースティックのが一番すきなんですが(たっちゃんのピアノでお送りするPRECIOUS ONEも最高!)優しくて甘い声が堪能できるのでぜひみてほしい。


シングルカップリング

Lovin'U(Keep the faith初回)

激重ラブソング。わたしの想像では昔誘拐してきた女の子(もう少し現実的に考えれば駆け落ち相手)が自分のもとからいなくなってしまって、探して求めて探し求めて、ついにはもう自分から離れないよう、愛しすぎたゆえに殺すことを選んだというトンデモ妄想ソングなんですね。

で、ここで言いたいのはこういう激重恋愛ソング歌わせたらKAT-TUNの右に出るものってほんといないくらい似合ってるんですよ。

KAT-TUNってあんなイメージだからかチャラい曲多そうなイメージなんですけどわりかし想いすぎだよ!?ってたまに思うくらい相手のことがすきですきでたまらない男性の歌が多いんです。そこもすきなんですよねー(結局)


SWEET CHAIN(RUN FOR YOU初回)

しゅがーきゃんでーちょこれーとべいべーになりたい人生だった、、、、!!!!(涙)

いやむしろここまで女の子にとろんとろんにされてるKAT-TUNがしゅがーきゃんでーちょこれーとべいべーかもしれない。

(ちなみに上田竜也さんは少プレ公式見解としてシュガーキャンディーチョコレートボイスの持ち主です)


この曲はKAT-TUNの曲のなかでもトップ5には入るくらい大好きな曲で、これも少年倶楽部プレミアムではじめて聞いたんですけど街中をイメージしたセットのなかでそれぞれおしゃれなコートを着た四人が歌っているのがほんとにかっこいいんです。特に中丸くんの着てるチェスターコートなんて本当に素敵だし、すごくよく似合ってて。その演出も含めてすきになった曲です。

KAT-TUNの強み、綺麗なファルセットが存分に使われた曲。



RAY(KISS KISS KISS初回)

みんな大好きRAY!!!!


この曲がライブで歌われるとドーム内はたちまち火事に。(言ってる意味が解らない人はぜひquarterのDVDをみていただきたい)

天井を知らないKAT-TUNの戦闘力最強レベルの曲。


私だけが勝手に思ってることですが復活の暁にはライブの一曲目(もしくはクライマックスの初っぱな)で

「"革命の前夜だ"って街はやけにざわめいて――――」とアカペラで歌ったあとに特効バンバンぶっぱなしながらあのイントロが来てほしい。そうなったらもうひれ伏すしかない。何度でも生で見たい曲。



TOKYO STARRY(TRAGEDY初回)

アイドル!!!!かわいすぎるー!!!

タイトル通りキラキラした曲。

seasideland、流星群、コンフィチュール、chandelier、メリーゴーランド、、出てくる単語もおしゃれできれいなイメージのものがおおくて、爽やかでかわいくかっこよく歌う四人がとてもいい!

テンクスでは残念ながら歌われませんでしたが、少年倶楽部プレミアムのクラブバージョンで歌われています。田口くんの衣装のジャケットが素敵。



そんなわけで自分の性癖を晒しあげただけのブログになってしまって語彙も色々迷子ですが、もしどなたかのKAT-TUNに興味をもつきっかけになれば幸いです。

充電期間中の生活のお供にぜひ!