読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルは別腹

ちょっと配分が多いだけ。

24魂のDial Upを見てやっと、7WESTから卒業できました。

神山智洋くんがだいすきで、7WESTがだいすきでした。

 

 

2012年の、少年倶楽部in大阪。

重岡大毅くんの笑顔と、少女マンガからそのまま出てきたような姿の小瀧望くんにころんと堕ちて、その年の冬松竹に足を運んでいました。

 

 

座席は、3階席、一番後ろの最上手。ほぼ確実に、誰よりステージから遠い場所。

だけど「二人の花」を歌う神山くんを見た瞬間、もう神山くんしか見えなくなっていました。

奇しくもその時の神山くんのパートは、当時担当だった丸山くんの部分。

大倉くんのパートを歌っていた藤井流星くんは、わけが分からないほどのきれいな男の子だったけれど、その流星くんを差し置いて、神山くんしか目に入りませんでした。

 

Spirits!!』で見た、神山くんで止まっていました。(初期すぎる)

横山くんに肩を組まれて、ぎこちない笑顔を浮かべながら「Best friend」を歌っていた小さな男の子は、パフォーマンスの鬼かと思うような男の子に成長していました。

そのあとからもうずっと、神山くんしか見えていませんでした。

終演後、私は誰を見に来たんだっけ…?となったことを今でも覚えています。

 

それから松竹に何度か行きましたが、あれだけ多くの子たちが広くはないステージに立っているのに

神山くんしか目に入りませんでした。神山くんさえ見られれば!とすら思っていました。

 

だけど、神山くんのすぐ隣で、やっぱりあの素敵な笑顔をたやさず、くすぐったくなるような甘い声でしゃべる重岡君と

生まれ持った容姿が才能そのものみたいなものなのに最強の天然ってどえらいスペックもってる流星くんと

少女マンガの住人(名前も実際の漫画からお姉さんがつけたというエピソードまである)のような見た目を持ってしながら普通のやんちゃな男の子の小瀧くんのことも

どんどんどんどん好きになっていって、

気づけば、7WESTというグループそのものが大好きになりました。

その前のことはわからないけど、わかるはずもないので仕方ないけれど、

とにかく、そのときの私にとって、彼らは最高の男の子たちでした。

 

そんな4人が、4人でデビューしてくれることが、願いでした。

誰も欠けることなく、誰も加わることもなく。

7WESTという名前がついている以上、難しいことだろうけど

あの事務所ならそのへん何とかするでしょと都合よく考えてしまうほどに

私は4人でデビューしてくれることを願っていたのです。

 

 

ジャニーズWESTがデビューして、1番の違和感は

この7人でと腹をくくった時期が、どうしても、どこにも結びつかなかったことでした。

 

照史くんと淳太くんは、B.A.Dとして

濱田くんは、Veteranがいてもやっぱり、"濱田崇裕"で

そして、7WESTがいて。

同じグループの兄組でも弟組でもない、

関西に、Veteranやなにわ皇子、Kinkan、ほかのたくさんの子達の代表として

”選抜”されていた、7人としかみえなかった。

重岡くんが松竹座の0番に立っているときは、あくまで関西Jr.のセンターとしてのはずだった。

7WESTがデビューをめざしていたころ、ライバル以外、周りには他にだれがいたというのか。ずっともやもやしていました。

 

 

結局、7WESTがすきだったんだな、このまま懐古厨になるのは心によくないと思って

神山くんの担当を降りました。

今またJr.担してるけど、神山君は知ったころには浮き沈み激しい扱いだったから降りる勇気がそのころなくて

結局デビュー日に降りたので、担当してたのは約1年半。

個人のお仕事は追っかけてたけど、グループへの抵抗感からジャニーズWESTを自分から遠ざけました。

あれほど願った神山くんのデビュー後の姿を、見続けることはできませんでした。

 

 

 

でも、彼らがDial Upを、初めての京セラドーム公演で、歌ったとききました。

クリスマスセールで死んでいたわたしへの、一番のクリスマスプレゼントでした。

DVDでたらどれより優先してお金出す!!!!!!!って決めたのを覚えています。

 

 

そしておととい、見ました。フラゲまでしちゃって。

一瞬たりとも目をそらさずに、彼ら7人を応援してきたファンへのご褒美のようなライブで

みていてとても、まぶしかったです。

 

 

 

肝心のDial Upに関しては、結論から言うとすっきりしました。

この人たち、7WESTを忘れないでいてくれたんだなって。

彼らの本当に楽しそうな笑顔がすべてだと。7WESTという言葉を出すまでに時間がかかったのんちゃんの姿が答えだと。

 

あと、忘れないでいいよって言ってくれているような気もして。

ぜんぶここにおいていっていいよって。

おこがましすぎるけど、本当に、そう感じたんです。

 

だけど、同時に、歌っている彼らは

ジャニーズWEST重岡大毅で、神山智洋で、藤井流星で、小瀧望でした。

でも、だからこそすっきりしたのかもしれない。

ただ、7WESTだった自分たちを大切にしながらそこを通過して、ジャニーズWESTになったこと、それだけは十分に伝えてくれた気がしています。

それをみたから、いままでの胸のつかえは、確実に取れた気がしています。

 

 

 

 

 

ここまで書いていて思ったけど、7WESTに関しては神山くんより重岡くんにひっかかりがあったのかもしれない。

7人でデビューするために一番奔走してくれたのが彼だったとしても、

私の中での彼は7WESTの重岡大毅で、0番に立つときは関西Jr.の重岡大毅だったからかも。

わたし、7WESTの中で笑っている彼がすごくすきだったんだろうなあ。

 

 

そんなわけで私は、ジャス民にはなれませんでした。

WESTlyのままでした。

たぶんこれからもそうです。

それくらい、7WESTというグループが好きでした。

 

懐古ヲタクの戯れ言でしかないけれど

この気持ち悪いポエムみたいな記事をネットの海に放つことで

ずっとかけなかった担降りブログの完成ということにさせてください。

 

 

 

***

 

あとひとつ思ったんですけど

CHO-EXTACYですか?あのけしからんかっこいい曲はなんですか?

タイトルのダサさ(やめなさい)とのギャップで人を殺す気ですかあの人たちは?

 

 

んー、やっぱりそういうのが関西組の醍醐味だよなー!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

ひよっこハイフンが落ちた沼は楽曲でできていた。

10ks!でおちたよーっていうあの記事を書いて以来なーーんの更新もしなかったので、ただのミーハーで終わったんじゃないかと思われてると思うのですが、

あれから1日たりとも欠かさずKAT-TUNの曲を聴き、昼休みにはタメ旅動画をみまくり(鳥取編、大分編がだいすきです。マコリーン!)、

落ちる前から録画して観ていた少プレを見直し、quarterを購入し、気になったカップリング曲はCDを購入し、、と、順調にDDハイフン人生に片足を突っ込んでいます。


もちろん一番すきなのは佐久間大介くんですけどね!!!!(揺るぎないところ)

 

テンクス発売から半月たって、まあなんだかんだいろいろありましたがそれでも飽き性のわたしがまったくKAT-TUNに飽きない理由として見出したことを今回は書きたいと思います。

 

タイトル通りではあるのですが、KAT-TUNは本当にいい歌が多くて毎日聴いても飽きないのがどんどん好きになっていく理由なのかな、と。

パフォーマンスやテレビ番組だけではどうしても視覚と聴覚どちらもつかわないといけないため移動中など聴覚だけで感じられる良さをもってるのが本当に素晴らしいと思うのです。



そんでもって、知ったかぶりもたいがいにせえよっていう期間しか聞いてないし、狭い範囲ではあるのですがひよっこハイフンなりにすごく好きな曲を数曲集めてみました。


シングルからではなく、アルバムだったりカップリングだったり、とにかく「見つけた!」感のあるような曲を集めてみました。選曲に自分の癖がめちゃめちゃに表れてますが気にしないでください。

テンクス前にレンタル屋さんなどで束借りしたときに見つけた曲が多めです。いい曲が散らばってます!

 


 アルバム曲

I LIKE IT(Best of KAT-TUN)

発表当時から大好きな曲。4段階のコーラスと仁亀のメインボーカルがすごくきれいなハーモニーを奏でてます。

間奏でスッと客席に向かって指を指す演出があるんですけど、そこの田口くんがガチでかっこよくて軽く恋するレベル。

海賊帆の電飾ピカピカ衣装のパフォーマンスもすきですが、個人的には少クラで黒衣装着て白衣装のJr.をバックにつけたパフォーマンスがすき。白黒のコントラストがすごくきれいです。あとは個人的にまだまだ垢抜けてない藤北のドヤ踊りが最の高。


Jumpin' up(Cartoon KAT-TUN Ⅱ you)

「what? what?」って相手を超馬鹿にした感じで歌うKAT-TUNとかパブリックイメージそのままでした。でもただなんか生意気で腹が立つ感じになるんじゃなくてそれがすごくかっこいいんです。二番のJOKERさんのラップがとてもすき。


YOU(Cartoon KAT-TUN Ⅱ you)

亀梨くん出演のドラマ、サプリでも使われていたこの曲。「あなたのために生きていいかな?」なんてKAT-TUNに言われた日にはもうむしろKAT-TUNのためにむしろ命を捧げたくなりませんか?(なりません)

6人みんな、すごく優しい声で歌ってくれています。



春夏秋冬(Break the Records -by you & for you-)

曲はもちろん、ライブの演出が好きです。四季の映像と彼らの歌声とかエモさがすぎるわ。

「思い出全部連れたら行くよ 新しい場所探すから」と頬杖つきながら歌ったあと客席に向かって切ない顔でバーンと撃つ田口くん(今見ると色々勘ぐっちゃうけどその場面の彼がわたしはquarter全編とおして一番すき)とか

テンクスでは全部歌ったあと客席に向かって銃を撃っておわる(客席も銃ペンラをメンバーに向けてるもんだからどえらい打ち合いですね!?)演出もすごくすきなんですけど、

普通に聞いてたらすごく切ない失恋ソングなのにそういう演出ついちゃうこの曲ってなんかいろんな解釈があるんだなあと感じます。


何年たっても(KAT-TUN Ⅲ-QUEEN OF PIRATES-)

中丸雄一メインボーカルってだけでハズレの訳がないですよね!!!!!!!!

大学生の男女二人のお話って感じがするこの曲。

朝まで遊べるような年齢になってできるようなこと。少し時がたって考えるとちょっとくすぐったいようなこと。

そんでもってこの曲の最高なところはギャラリーの増えた朝方の駅でキスするような彼女と付き合ってる男の子のことを、絶対しねーしさせねーだろ!!っていう中丸さんがメインで歌ってるとこなんですよねー!!!!!みんなが見てるよ、関係ないんだよって!!!歌うんですよ!!!!(頭を抱えながら)

女の子側の代弁かもしれないけど、中丸さんの声でそれを歌われるのがたまりません。


N.M.P(NO MORE PAIИ)

壮大なイントロから始まるこの曲。とにもかくにもかっこいい。

なんかこのアルバムのツアーはメンバーが馬に乗ってるという普通に聞くと頭にはてなが並ぶ演出があるそうなんですけど(アルバムのジャケ写でも馬に乗ってます)、

この曲をきくとちょっとわかる気がするというか、まだ見たことないのでどの曲で乗ってるのかはしらないけどこの曲が表題曲になってるツアーなら乗ってそう、いやそもそも馬にのってる??????ん???って思いながらいつもきいてます。

はやく見てみたいライブDVDのひとつなんですけど財布が追い付かない、、、


SMILE FOR YOU(CHAIN)

アイドル!!!!!非常にアイドル!!!!キラキラしてる!!!

これ歌うKAT-TUNは勝手に魔女っ子かつんちゃんに脳内変換されます(あぶない)

高めの声が多いKAT-TUNさんはこういう曲もめちゃめちゃにあう。にゅすちゃんおじゃんぷちゃんとか歌ってそうだけどKAT-TUNさんが歌ってるんですよ。かわいい。


儚い指先(CHAIN)

「左耳にRingtoneだけ鳴り響く一人の部屋」で彼女を想うKAT-TUNに最高以外の言葉があひますか?????


少年倶楽部プレミアム最終回のアコースティックスタイルライブのなかで歌ってますので是非見てほしい。わたしはあのいくつかのライブのなかではアコースティックのが一番すきなんですが(たっちゃんのピアノでお送りするPRECIOUS ONEも最高!)優しくて甘い声が堪能できるのでぜひみてほしい。


シングルカップリング

Lovin'U(Keep the faith初回)

激重ラブソング。わたしの想像では昔誘拐してきた女の子(もう少し現実的に考えれば駆け落ち相手)が自分のもとからいなくなってしまって、探して求めて探し求めて、ついにはもう自分から離れないよう、愛しすぎたゆえに殺すことを選んだというトンデモ妄想ソングなんですね。

で、ここで言いたいのはこういう激重恋愛ソング歌わせたらKAT-TUNの右に出るものってほんといないくらい似合ってるんですよ。

KAT-TUNってあんなイメージだからかチャラい曲多そうなイメージなんですけどわりかし想いすぎだよ!?ってたまに思うくらい相手のことがすきですきでたまらない男性の歌が多いんです。そこもすきなんですよねー(結局)


SWEET CHAIN(RUN FOR YOU初回)

しゅがーきゃんでーちょこれーとべいべーになりたい人生だった、、、、!!!!(涙)

いやむしろここまで女の子にとろんとろんにされてるKAT-TUNがしゅがーきゃんでーちょこれーとべいべーかもしれない。

(ちなみに上田竜也さんは少プレ公式見解としてシュガーキャンディーチョコレートボイスの持ち主です)


この曲はKAT-TUNの曲のなかでもトップ5には入るくらい大好きな曲で、これも少年倶楽部プレミアムではじめて聞いたんですけど街中をイメージしたセットのなかでそれぞれおしゃれなコートを着た四人が歌っているのがほんとにかっこいいんです。特に中丸くんの着てるチェスターコートなんて本当に素敵だし、すごくよく似合ってて。その演出も含めてすきになった曲です。

KAT-TUNの強み、綺麗なファルセットが存分に使われた曲。



RAY(KISS KISS KISS初回)

みんな大好きRAY!!!!


この曲がライブで歌われるとドーム内はたちまち火事に。(言ってる意味が解らない人はぜひquarterのDVDをみていただきたい)

天井を知らないKAT-TUNの戦闘力最強レベルの曲。


私だけが勝手に思ってることですが復活の暁にはライブの一曲目(もしくはクライマックスの初っぱな)で

「"革命の前夜だ"って街はやけにざわめいて――――」とアカペラで歌ったあとに特効バンバンぶっぱなしながらあのイントロが来てほしい。そうなったらもうひれ伏すしかない。何度でも生で見たい曲。



TOKYO STARRY(TRAGEDY初回)

アイドル!!!!かわいすぎるー!!!

タイトル通りキラキラした曲。

seasideland、流星群、コンフィチュール、chandelier、メリーゴーランド、、出てくる単語もおしゃれできれいなイメージのものがおおくて、爽やかでかわいくかっこよく歌う四人がとてもいい!

テンクスでは残念ながら歌われませんでしたが、少年倶楽部プレミアムのクラブバージョンで歌われています。田口くんの衣装のジャケットが素敵。



そんなわけで自分の性癖を晒しあげただけのブログになってしまって語彙も色々迷子ですが、もしどなたかのKAT-TUNに興味をもつきっかけになれば幸いです。

充電期間中の生活のお供にぜひ!



 

 

 

「KAT-TUNのライブを見ずして死ぬつもりですか?」の一言でJr.担が10ks!魂に参戦してきた話

4月20日、初めてKAT-TUNのライブに参戦してきました。

今までも、
「ライブと言えばKAT-TUN」「KAT-TUNのライブは総ての概念を覆す」「KAT-TUNライブの天井席はむしろ勝ち組」など、ちょっと言い過ぎでは?ってほどの絶賛の声を聞いたことはあったのですが、ぼんやりいきたいなー、と思っていただけで参戦までには至っていなかったのです。

皮肉にも充電がきまったことで、タイトルにもある友人の一言(ものすごいニュアンスで文章にしてるしもしかしたら言った彼女はお酒入ってたから覚えてないかもしれないけど)と、次いつあるかわからない機会を逃すまいという想いとで参戦を決めたのですが、、

いやー、結果的に大正解でした。
ていうか、小学生の頃から知っているくせしてKAT-TUNにはまらなかったし、あれだけ絶賛されているのに今まで現場に出向かなかったし、
あと、「それでもデビュー直前のあのとんでもないかっこよさ(小学6年生の頃にごくせんをみています)には敵わないでしょ?」とか思ってた自分ほんと見る目ない。

ほんと、過去に戻って「とりあえずKAT-TUNに金を落とせ!!!!!!!!!!!!!!!!」と言いたい。後悔しないから早く気づいて欲しかったよ自分。


正直、ライブが終わってもう数日経つというのにまだ魔法にかけられたようにクソポエマー化していますが、気持ちの置き場所として書かせて下さい。
ネタバレもしてます。

続きを読む